楽して痩せたい!そんなあなたのために痩せるためのツボを大特集しました!運動や食事制限が苦手な方はぜひ、体のありとあらゆる場所のツボ押しから始めて見てください。座ったままでも出来るので、テレビを見ながらでも実践できますよ!

20代からメタボリックシンドロームに気を付けて

メタボの男性

比較的若い20代の人は、スリムな体型の人や、標準体型の人が多いですが、デスクワークを長時間しており、運動不足気味の人や、甘い物や脂っこい食事が好きな人、帰宅が遅くなって、夕食の時間が遅くなりがちな人は、体重の増加に注意をする必要があります。
メタボリックシンドロームは、高血圧や糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病に罹るリスクが高まるので、日頃から、標準体重を維持する努力が必要です。

男性の場合は、お腹周りに贅肉が付きやすい内臓脂肪型肥満が多いですし、女性の場合は、お尻や太ももなどの下半身に贅肉が付きやすい皮下脂肪型肥満の人が多い傾向があります。
内臓脂肪症候群を放置していると、血液中の中性脂肪やコレステロール値、血糖値などが上昇しやすく、慢性の病気に罹りやすくなります。
糖尿病や高血圧は、一度発症すると完治するのは難しく、内服薬を長期間服用する必要があるので、医療費も高くなってしまいます。

メタボリックシンドロームは、中高年以降の人に多い傾向がありますが、20代の若い年代の人も、内臓脂肪型肥満、皮下脂肪型肥満、内臓脂肪症候群などが気になっている人は、病気を予防するために、生活習慣や食生活を見直す努力が必要です。
BMIが25以上の人は、肥満気味なので、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気を予防するために、標準体重に近づける努力が必要です。

自己流のダイエットでは、健康面に悪影響が出てしまったり、一度体重が減少しても、リバウンドがしやすいので、医師や栄養士にアドバイスを受けることが大事です。
糖尿病や高血圧などの持病がある人は、激しい運動は出来ないので、メタボリックシンドロームを改善するために、正しい食事療法を行う必要があります。
パンやご飯、麺類などの主食は、欠かせなくなっていますが、食べ過ぎると糖分に変化してしまうので、適量を守る必要があります。
海藻類や緑黄色野菜などで、かさ増しをすると、満足感が得られます。

メタボリックシンドロームの判断基準を知ろう

内臓脂肪型肥満や皮下脂肪型肥満の人は、健康診断でメタボリックシンドロームを指摘された人が増えています。
若い20代の人も暴飲暴食をしたり、飲酒の習慣があったり、運動不足が続いていると、病気に罹ってしまい、入院や通院が必要になる可能性があります。
BMIの数値が標準の範囲内でも、体脂肪が高い人は、注意をする必要があります。

女性の場合はBMI30以上、男性の場合はBMI25以上の場合は、メタボリックシンドロームの可能性があります。
皮下脂肪型肥満の人に比べると、内臓脂肪型肥満の人のほうが、生活習慣病に罹るリスクが高まる傾向があります。
内臓脂肪型肥満は、内臓脂肪症候群に比べると、体重を落としやすいので、生活習慣や食生活を見直すことで、体重を減らすことが可能です。
高血圧や糖尿病などの病気は、標準体重の人に比べると、肥満気味の人のほうが罹るリスクが高まるので、日頃から腹八分目を心掛けたり、甘いジュース類やお菓子類を控えることも大事です。

お酒やビールは、糖分が多く含まれているので、注意をしないと太る原因になります。
仕事を持たれている人は、お付き合いでお酒を飲む機会が多いですが、週に2回程度は、飲まない日を作ることも大事です。

メタボリックシンドロームは、見た目の印象が良くないだけでなく、健康面でも悪影響が出てしまうので、日頃から、ストレッチやウォーキングなどの運動を続けることも大事です。
心筋梗塞や脳梗塞は、命を脅かす大病なので、日頃から病気を予防するために、血糖値や血圧をコントロールする必要があります。
投薬による治療も大事ですが、メタボリックシンドロームを予防して、標準体重を維持する努力が必要です。