楽して痩せたい!そんなあなたのために痩せるためのツボを大特集しました!運動や食事制限が苦手な方はぜひ、体のありとあらゆる場所のツボ押しから始めて見てください。座ったままでも出来るので、テレビを見ながらでも実践できますよ!

肥満は遺伝?生活習慣の怠慢?

肥満の女性

現代人の多くが悩んでいる肥満は病気をもたらす原因となります。美的感覚によって綺麗になりたいという女性だけではなく、健康面を考えて痩せたいと思っている男性など、肥満解消に頭を悩ましている人はとても多いとされています。

肥満の原因は生活習慣の乱れからくるものと言われ、睡眠不足や暴飲暴食などの食生活の乱れ、怠慢な生活態度による運動不足、されには蓄積されるストレスなどがあります。確かに避けては通れないストレスによってイライラした気分を解消する為に過食をしたり、甘い物やスナック菓子を大量に食べてしまう事は誰でも経験します。

そんな生活環境が太る原因となっているのはもちろんですが、その他にも肥満は遺伝的な要素が大きく関わってきているという事実があります。それは肥満遺伝子のタイプによってそれぞれの太り方があるという事です。

それぞれの家系において受け継がれてきた肥満遺伝子が原因にもなるため、ただ単に生活習慣や暴飲暴食だけが太ってしまう理由だと言い切れなくなってきています。つまり肥満は遺伝するという認識は間違ってはいないという事です。

肥満は脂肪細胞が増殖や増大する事で体脂肪が増え、身体に必要以上の内臓脂肪や皮下脂肪を身にまとう形になってしまう状態です。それ故に食事制限によるカロリー管理や運動による脂肪燃焼や筋力アップを目指しながらダイエットに励みます。

ところが肥満遺伝子が原因となると、それぞれのタイプ別に合った方法でのダイエット方が必要になってきます。いくら食事制限をしても痩せない、あるいは運動しても体重が減らないという場合は、自分の遺伝子のタイプをチェックし、それぞれに合った方法でダイエットに励むのが適切です。

効率良くダイエットを行うためにも、まずは自分の肥満タイプを知り効率良く痩せる方法を見つけ出すのが一番の減量への近道となります。やみくもにダイエットをする前に肥満遺伝子のタイプを確認し、それに合ったダイエット法で身体を管理しましょう。

遺伝子検査で肥満遺伝子のタイプを調べられる

肥満が乱れた食生活、怠慢な生活習慣、睡眠不足やストレスが原因となる事を理解しつつ遺伝子の存在も認識する事で、効率かつ積極的なダイエットに向かう事が出来ます。そこで自分の肥満のタイプを知る有効な手立てとして遺伝子検査を利用するのが良いでしょう。

遺伝子検査は遺伝子から得られる情報をによって、今後かかる可能性のある疾患などを事前に知る事が出来るため、最近では多くの人が利用しています。そしてその遺伝子検査の中で肥満遺伝子のタイプを知る事が出来ます。

遺伝子検査というと仰々しく病院で受けるべきものと思われがちですが、現在では肥満遺伝子検査は自宅で手軽に利用出来るようになってきました。それは遺伝子検査キットによって郵送し、検査結果を自宅で受け取れる画期的な検査方法です。

検査の申し込みをすると遺伝子検査キットが送られてきます。検査自体はそのキットに自分の唾液を出すだけの簡単なものです。痛くも痒くもなく簡単過ぎて拍子抜けしてしまうところですが、その唾液の成分から遺伝子を読み取り肥満遺伝子のタイプを判別します。

肥満遺伝子は3つのタイプに分けられ、その肥満体型をフルーツに例えて分類されます。お腹周りの脂肪が多いリンゴタイプ、下腹部やお尻に足など下半身に脂肪が多い洋梨タイプ、手足が長く一見細いバナナタイプなどです。

リンゴタイプは糖質の代謝が悪く、洋梨タイプは脂肪代謝が弱いため血中に脂質が残りがちになります。バナナタイプは見た感じはスリムですが筋肉が付きづらいという特徴があります。このようにこれらのタイプ別に適したダイエット方法の利用が、スムーズな減量を導きます。

ダイエットは自分の身体を知る事から始まります。遺伝子検査キットを利用して肥満タイプを知る事は、積極的な体質改善にも役立つ前向きな姿勢へと繋がっていきます。

実は危険!?水で太るってどういうこと?

また自分を肥満だと思っている人は遺伝や生活習慣などで「もう治らない」「私は一生デブ」などと諦めている人が多いように思いますが、本当にあなたの肥満は遺伝でしょうか。

実は肥満ではなく、余分な水分が体に溜まってたという場合があります。いわゆる「むくみ」というやつです。むくみ初期は痛みを伴わないものが多いので実際に治療をするに至らない場合がほとんどですが、むくみがあることにより単純に太って見えるだけでなく、太りやすくなってしまうという事態が起こるのです。

できれば水分は体に貯めず、常に放出するのが良いです。人は生きているだけで、呼吸や便、汗などで水分を体外に出していますが、その放出量が極端に少なかったり、放出がうまくいかない場合は薬を使うのが良いです。

薬と言っても「利尿剤」と呼ばれるものでラシックス(フロセミド)などがそれに当たります。

ラシックス(フロセミド)の利尿効果を利用して賢く浮腫み改善を行うだけで、余計な水分が体内から出ていき、体が軽くなるのを実感することができます。